【2019年】最もブレイクしたバンドはコレだ!

2019年も様々なバンドが活躍した年になりました。

今回はその中でも最もブレイクしたバンドをご紹介します。

2019年に一番ブレイクしたバンドは…

official髭男dismです。

ブレイクしたきっかけ

彼らがなぜここまでブレイクしたのか。その理由を紐解いていきたいと思います。

理由①:繰り返し聴きたくなる楽曲の良さ

彼らは特にストリーミングサービスで圧倒的な支持を得ている。「Billboard JAPANストリーミング・ソングス・チャート」(11月18日付)では“Pretender”“イエスタデイ”“宿命”がトップ3を独占。“Pretender”は25週連続で1位となり連続1位の記録を更新している。「オリコン週間ストリーミングランキング」(11月18日付)でも24週連続で1位に輝き続けた。

また、Spotifyチャートからも圧倒的な人気が読み取れる。日本トップ50チャート(11月17日時点)においては、1位の“Pretender”を筆頭に、“宿命”“イエスタデイ”“ノーダウト”“115万キロのフィルム”“Stand By You”とトップ10に6曲がランクインしている。

このようにストリーミングサービスで人気を得るには、「繰り返し聴きたい」と思ってもらえるような楽曲を作ることが一番重要になってくる。CDの売上は、ジャニーズなどのアイドルのように熱狂的なファンの数によって左右されるが、ストリーミングサービスにおいてはバンドを知らない人にも幅広く受け入れられるというのがポイントになってくる。

理由②:タイアップによるメディア露出

映画やドラマなどの主題歌に起用されるタイアップでは、作品をきっかけに楽曲を知る人も多い。

メジャーデビュー曲“ノーダウト”は、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』主題歌に抜擢された。“Pretender”は映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』の主題歌。今年10月にリリースされたメジャー1stアルバム『Traveler』には、夏の高校野球応援ソングとして書き下ろされた“宿命”、映画『HELLO WORLD』主題歌の“イエスタデイ”、Apple Music CMソングに選ばれた“Stand By You”など、タイアップ曲を多数収録している。

普段あまり音楽を聴かないという人でも、テレビを通して楽曲を耳にし、ふと街で流れているのを聴いて「あ!この曲聴いたことある~」と思った人も多いだろう。

理由③:紅白歌合戦への出場が決定

2019年を一気に駆け抜けていった彼らだが、紅白歌合戦への出場も決定した。過去には、米津玄師やあいみょんなど紅白歌合戦をきっかけにより多くの人に知られるようなった例もある。もうすでに圧倒的人気を得ているが、彼らを見たいがために紅白歌合戦を見る!という人もいるのではないか。また、今はまだ名前しか知らないという人でも、実際に楽曲を聴いてみると興味をもってもらえるだろう。

2020年もさらなる進化が期待される

メンバーの4人中3人が2019年に結婚を発表し、より一層楽曲制作にも力が入るのではないか。今年は数多くの素晴らしい楽曲を手掛けてきた彼らだけに、来年の期待は高まるばかりだ。間違いなく今後の音楽シーンを牽引していく存在になるので、楽しみにしておこう。

 

▼彼らの詳しいプロフィールはコチラ

概要 「Pretender」をリリースしてから、オリコン週間ストリーミングランキングで1位を獲得。あいみょんの連続記録をストップさせ、現在はOfficial髭男dismが連続記録を更新している。ストリーミングで爆発的な人気を博し、その[…]